過払い金返還請求する方法とは

過払い金返還請求する方法とは

ローンやキャッシングを利用していると、過払い金が発生してしまうことがあります。

 

例えば消費者金融などの貸金業者に利息を払いすぎた場合などを言いますね。

 

その過払い金を取り戻そうとする返還請求は最近増えていますが、どのように行うのか、その方法をご紹介します。

 

過払い金返還請求では、まず過払い金があるかどうかを確認しなければなりません。

 

貸金業者などに取引履歴の開示を求める必要があります。返還請求が増えているためか、大抵の業者の場合は1週間前後で対応してくれます。次に引き直し計算をします。

 

利息制限法に照らし合わせながら、返済額の計算をし、過払い金が発生していると確認できたら返還請求をします。

 

過払い金の請求書を貸金業者に送り、お金を取り戻すのです。しかし業者がこれに素直に応じない場合もあります。

 

請求に応じない場合は弁護士、司法書士などの専門家に頼らざるを得ません。

 

請求方法も最初から最後まで弁護士などに依頼するか、困ったときに手助けしてもらうかは個人の自由ですね。

 

過払い金返還請求にどうしても相手業者が応じない場合は、訴訟を起こすことにもなります。また、請求書は書式や用紙が決まっているものではなく、必要事項を記載するのが重要です。